Healthcare

Sort by:
Sort by newest
  Course Language:

Number of Courses.:139 hits

  • 立秋におすすめ 白菜猪肉水餃 (白菜と豚肉の水ぎょうざ)

    2022/08/04

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:116

    まだしばらく暑い日々が続きますが、立秋から秋の養生を始めます。 夏の間にほてった身体の熱を取り除きながら、汗をかいて失った潤いを補いましょう。 秋は、肺の働きが活発になります。肺は乾燥を嫌い、潤うことを好みます。

  • 大暑におすすめ 香蕉蒸糕 (バナナ入り蒸しカステラ)

    2022/07/21

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:283

    暑い日々が続き、大暑のころになると身体に陽気が蓄積されています。 身体の熱を取り除く食材を使って、暑い夏を乗り切りましょう。 夏休みに、ご家族と一緒に作れるおやつをご紹介します。

  • 小暑におすすめ 塩酒醸白瓜炒魚片 (白身魚と白うりの塩麹炒め)

    2022/07/05

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:262

    今年は6月下旬から暑い日が続いているため、つい冷たい飲み物や食べ物を摂りがちです。すると消化に関わる脾の働きが低下して、身体に余分な水分が溜まり、だるさや食欲不振、疲れやすいなどの症状が現れます。 白身魚は気を補いながら、身体に溜まった余分な水分を取り除きます。きのこ類は脾の働きを補益して食欲不振を改善します。白うりは体内の余分な水と熱を取り除くので、蒸し暑い時期にはお勧めの食材です。脾にやさしいレシピで身体を整えましょう。

  • 夏至におすすめ 海苔豆腐湯 (生のりと豆腐のとろみスープ)

    2022/06/16

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:299

    夏至は、陽気が最も強くなります。 急に暑くなると、熱中症にもなりやすくなるため、身体を適度に冷やす食材を摂って、陰陽のバランスをとりましょう。 豆腐は熱を取り除き、乾燥症状を改善します。海苔(のり)は身体を冷やし、玉子と干し貝柱は暑さで失われた潤いを補給します。

  • 梅雨におすすめ 杭州風鶏脯 (鶏肉の葱山椒風味炒め)

    2022/06/04

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:374

    梅雨入りのころは、雨が降って気温が下がることがあります。 気温が低く、湿度が高いときは、汗が出にくいため、身体に余分な水分が溜まりがちになります。 また消化に関わる脾は湿気や寒さを嫌うため、食欲不振になることがあります。

  • 小満におすすめ 芙蓉蟹 (蟹の卵とじ)

    2022/05/24

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:281

    小満は、陽気が強くなり、植物が茂り、夏の穀物が収穫に向かって熟していく頃。 だんだん暑くなってくるため、涼性の食材を摂ると良いでしょう。 また、立夏に引き続き心の陰血(陰液と血)を補う食材がお勧めです。 卵は陰液を補い、喉の渇きを改善し、心の血を養うことで精神を安定させることが期待できます。

  • 立夏におすすめ 蛸(タコ)のちまき

    2022/04/28

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:358

    立夏は、本格的な夏の暑さによって消耗しやすい気・血・津液を予め補っておくのに良い時期です。 夏に負担がかかりやすい心を今から養っておきましょう。心の気と陰液・血が充実していると精神も安定します。涼性の食材も併せて適度に摂り、熱を取り除いていきましょう。

  • 穀雨にお勧め 茉莉茶饅頭(ジャスミン茶まんじゅう)

    2022/04/14

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:330

    穀雨の時期は夏に向かって陽気が上昇します。それに伴い、体内の陽気も上がりやすくなります。 肝の陽気が上昇しすぎるとイライラしたり、ため息が出たり、胸がつかえるようになります。 上昇しすぎた熱を取り除きながら気の巡りも整えましょう。

  • 清明におすすめ ジャスミンとみかんのゼリー

    2022/03/31

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:347

    清明は、植物や動物が清らかに生き生きと成長して行く頃。また、一方で環境が変わる時期に重なります。 春は肝の働きが活発になりますが、抑うつを好まない特徴があります。ストレスに敏感なため、気が滞り、不快な症状が現れやすくなります。 肝の気を伸びやかに発散させることで、イライラやため息、緊張感や不安感などを改善しましょう。 ジャスミンやみかんなどの柑橘類は、気の巡りを順調にし、気の滞りを解消します。

  • 春分におすすめ 海老と干し貝柱のそばの実ちらし寿司

    2022/03/10

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:368

    春分は、昼(陽)と夜(陰)の時間が等しくなるころ。陰気は沈み、陽気と交代して、これからは陽気が主役の季節になります。自然に合わせ、春分には陰と陽と両方を補って、臓腑の働きを充実させ、身体を潤して養いましょう。 米や椎茸は気を補益して脾を補い、海老は陽気を補います。貝柱・アスパラガス・松の実・ごまは身体を潤して、陰を養います。そばや陳皮(みかんの皮)は気の巡りを整え、水の代謝も助けます

  • 啓蟄におすすめ イカとホタテ貝の当帰甘草(とうきかんぞう)ソース

    2022/03/01

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:360

    啓蟄は大地が暖かくなり、動物や虫たちが冬眠から目覚め、巣穴から出てくるころ。私たちも伸び伸びと動けるように身体を整えましょう。そのために陽気を生長させ、営養となる血を蓄えている肝を助けます。 春は肝の働きが活発になり血を消耗しやすい時期です。そこで血を養うイカや当帰と、ホタテ貝やアスパラガスで潤いを補給し、きのこや甘草で気を補います。 葱や生姜、香菜などを加え、適度に陽気を発散させましょう。

  • 雨水におすすめ 牛肉の熟地黄(じゅくじおう)炒め

    2022/02/17

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:277

    雨水は、雪が雨やみぞれに変わりはじめ、積もっていた雪が溶け、春の足音が聞こえてくる頃。 早春の寒さに負けないように陽気の生長を促しつつ、春になると活発になる肝の働きを助けるため、血を補いながら身体を潤しましょう。 牛肉は気を補益して脾を補うだけでなく、血も養って身体を営養します。熟地黄は血を補い、身体に潤いを与えます。ピーマンは身体を温め、陽気の上昇を促します。

  • 立春におすすめ 鶏もも肉の辛味ハニーソース

    2022/01/30

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:256

    立春から陽気が陰気を上回り、少しずつ春の訪れを感じるころ。自然界に合わせて身体の陽気を育てる時期です。 しかし春と言ってもまだ寒さは厳しいため、気を補いながら、辛味と甘味の組み合わせで身体の陽気を生長させましょう。 鶏肉・じゃが芋・ブロッコリーは気を補って臓腑のはたらきを促進します。芋類は気が滞りやすいので、気を巡らせるオレンジを少し加えます。 また豆板醬や胡椒・葱・生姜の辛味と蜂蜜などの甘味を組み合わせることによって陽気の生長を促進します。

  • 大寒におすすめ 大正海老のピリ辛煮

    2022/01/13

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:271

    大寒は、一年で最も寒さが厳しい時期。夜明け前が一番寒いように、この時期は陽気が尽きるころですが、春はもう目前です。 身体の陽気を補いながら、陽気の生長を促進するために温熱性で辛味の食材を使い、香味野菜で気血の巡りも促しましょう。

  • 小雪におすすめ 蓬(よもぎ)湯圓

    2021/12/27

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:330

    小寒は「寒の入り」といわれ、これから更に寒さが厳しくなる頃。 寒さで気血の巡りも悪くなるため、冷えを伴う身体の痛みや足がつるなどの症状が現れます。 腎を温め養いながら、気血の巡りを良くする食養生がお勧めです。

  • 冬至におすすめ 杜仲(とちゅう)鍋

    2021/12/16

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:353

    陰が極まる冬至は、一年で最も陽気が低下する時期。足腰の冷えには、腎を温めることが肝要です。 温性・熱性で辛味・甘味の食材を組合せ、温かい調理方法で身体の陽気を補いましょう。 杜仲と海老は腎を温め、足腰の冷えを改善します。また、韮(にら)や肉桂(シナモン)はお腹を温めて、冷えからくる胃痛やむくみの症状にお勧めです。 棗(なつめ)や鶏肉、椎茸やキャベツは気を補って臓腑の機能を増強します。

  • 大雪におすすめ 黒酢の酢豚

    2021/11/30

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:284

    大雪は寒さが腎を傷つけやすい季節。身体を温かくして冷やさないよう、内外の保温を心がけましょう。 また、エアコンなどの乾燥にも注意し、潤いを補いながら、腎や肺を守りましょう。 尚、身体を冷やす寒性や涼性の食材は加熱調理し、温性・熱性の食材と組み合わせましょう。

  • 小雪におすすめ 鱸(すずき)

    2021/11/18

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:260

    小雪は地の気が沈み、陽射しがますます弱まるころ。 冷え込みも厳しくなりますので、身体を温める温性・熱性で、虚弱を補う補益の働きのある食材を摂り入れましょう。 鱸は、気を補い消化機能を高め、肝と腎の働きを強化して足腰のだるさを改善します。 山椒・桂皮・八角・唐辛子は辛味で温める性質を持ち、  陳皮は温めて気の巡りを良くするため、併せて摂ると身体を冷えから守ります。

  • 立冬におすすめ 牡蠣(カキ)とにんじんの醤油煮込み

    2021/11/02

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:874

    立冬から日ごとに陰気が強くなり、陽射しは短く弱くなります。動物たちは栄養を蓄えて、冬眠の準備をしています。私たち人間も春から秋まで消耗した精気を腎(じん)に貯蔵する時期に入ります。 牡蠣は、身体に潤いをもたらす陰液を滋養し、にんじんは血を補います。陰血不足の虚弱を改善するレシピです。のぼせやほてりと共にめまいの症状がある陰虚体質の方にもお勧めのレシピです。     

  • 霜降におすすめ 長芋のデザート クコの実入り蜂蜜ソースがけ

    2021/10/21

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:411

    霜降は、秋の乾燥と寒気のため、咳が出たり、カゼをひきやすくなる時期。 気を補い温める吉林人参(きつりんにんじん)と黄耆(おうぎ)、肺に気と潤いを与える長芋と蜂蜜、滋潤させるクコの実と竜眼肉(りゅうがんにく)を加え、慢性の咳を改善する五味子(ごみし)で収斂させて肺を守りましょう。

Healthcare

Health care (health) e-learning content is a slide and video course that anyone can learn free of charge. People with a high interest in health are opening the contents of study meetings and seminars to the public such as walking, running, muscle training, sleeping and so on. Besides that, basic knowledge such as healthy food, service and dish is also widely provided.
* Open Course is the one that the user who registered as a member shares the contents free of charge.

Let's create your own course by membership registration

スライド、動画、テスト、アンケート
  • Course preparation Publication / Lecture attendance
  • Create quiz and questionnaire
  • Limitation of disclosure scope Understand the attendance situation

Create e-learning course in 1 minute

Begin free

Close