本草薬膳学院 's Open Course

本草薬膳学院

本草薬膳学院は中国伝統医学に基づく中医営養薬膳学・本格的な薬膳をゆっくりしっかりと身につけていただく事を教育理念としております。また、初心者から専門家まで幅広い教育に対応し、中医基礎学から、研究科まで各コースを選択出来ます。

https://honzou.jp

Number of Courses.:121 hits

  • 大雪におすすめ  薬用人参入り鶏のスープ

    2022/11/29

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:15

    大雪は木の葉がすっかり落ち、本格的な冬が始まります。身体を温め、気を補いながら、身体を潤すものも適度に取り入れましょう。 気を補う鶏肉、椎茸、吉林人参(きつりんにんじん)、党参(とうじん) 、山薬(さんやく) 、黄耆(おうぎ) 、甘草(かんぞう)と潤いを与える干し貝柱、クコの実、麦門冬(ばくもんどう)を組み合わせた滋養強壮スープをご紹介します。

  • 小雪におすすめ ホタテとチーズのあえもの

    2022/11/17

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:373

    小雪は陽射しが弱くなり、冷え込みが厳しくなり始めるころ。北風も強く吹くことが増え、木の葉が散る季節です。 寒い時期は唐辛子や生姜などの温性や熱性で辛味の強いものを摂りがちですが、摂りすぎると身体に必要な水分を発散させてしまいます。

  • 立冬におすすめ 鴨の黄精鍋

    2022/11/01

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:452

    立冬はいよいよ寒くなる時期。冬の間は葉が落ちて根に栄養を蓄えるように、人も腎を補益しましょう。 腎は身体を温めて機能を促進させる陽気と、身体を潤して落ち着きを与える陰気のもと。陰と陽を十分に補って春から活動できるように身体を整えましょう。

  • 霜降におすすめ 豚肉と白菜の 唐辛子入りスープ

    2022/10/20

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:670

    霜降は、空気が澄み、寒気もあるため、肺を傷めやすい時期。肺に潤いを補いながら、温める食材も加えましょう。 豚肉は陰を補い、身体に潤いを与え、乾燥を防ぎます。白菜は平性ですのでしっかりと加熱して少し加えます。唐辛子は大熱で身体を温める力が強いので組み合わせると良いでしょう。

  • 寒露におすすめ ホタテと国産春雨のにんにく蒸し

    2022/10/06

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:481

    秋分を過ぎ、寒露になると、晩秋の冷気が徐々に強くなり、秋が深まります。 陰液を滋養して潤いを補いつつ、気を補益するもの、温性のものも少し加え、晩秋の冷気から肺を守りましょう。 ホタテ貝柱は身体の潤いを補い、乾燥の症状を改善します。

  • 秋分におすすめ 長芋と豚肉の コロッケ

    2022/09/15

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:647

    陰気と陽気のバランスがとれるのが今の時期。 体内の陰は、潤いや落ち着きを与え、熱を持ちすぎないようにするために必要なもの。陽は、温めて臓腑機能を促進し、身体が冷え過ぎないようにしています。 自然環境に合わせて、身体の陰陽のバランスを整えましょう。

  • 白露におすすめ 百合根の翡翠ソース

    2022/09/01

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:491

    少しずつ陰気が強くなり、秋が深まっていくころ。朝晩は涼しく、草花に白く光る朝露が付くことから「白露」といわれます。 秋が深まり空気が乾燥すると、身体の乾燥の症状が現れます。肺も乾燥し、空咳などが出やすくなります。 百合根は、肺を潤して空咳の症状を改善します。銀杏は乾燥から肺を守り、乾いた身体を補養しながら慢性の咳や喘息をやわらげる効果が期待できます。

  • 処暑におすすめ マンゴープリン

    2022/08/19

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:464

    処暑は暑さがおさまることから名付けられた節気。朝晩は少しずつ過ごしやすくなり、風が心地よく感じる頃。日中はまだ暑くても空気が乾燥して、湿度が低くなってきます。 肌や髪やのどや大腸など、身体の乾燥の症状も出始めますので、潤いを補っておきましょう。 牛乳は、身体を潤して虚弱を補い、のどの渇きや肌の乾燥を改善します。また、乾燥からくる便秘にも応用できます。 マンゴーは身体の熱を取り除きます。また甘味と酸味があるので身体を潤す陰液を生じさせることができます。

  • 立秋におすすめ 白菜猪肉水餃 (白菜と豚肉の水ぎょうざ)

    2022/08/04

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:516

    まだしばらく暑い日々が続きますが、立秋から秋の養生を始めます。 夏の間にほてった身体の熱を取り除きながら、汗をかいて失った潤いを補いましょう。 秋は、肺の働きが活発になります。肺は乾燥を嫌い、潤うことを好みます。

  • 大暑におすすめ 香蕉蒸糕 (バナナ入り蒸しカステラ)

    2022/07/21

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:607

    暑い日々が続き、大暑のころになると身体に陽気が蓄積されています。 身体の熱を取り除く食材を使って、暑い夏を乗り切りましょう。 夏休みに、ご家族と一緒に作れるおやつをご紹介します。

  • 小暑におすすめ 塩酒醸白瓜炒魚片 (白身魚と白うりの塩麹炒め)

    2022/07/05

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:388

    今年は6月下旬から暑い日が続いているため、つい冷たい飲み物や食べ物を摂りがちです。すると消化に関わる脾の働きが低下して、身体に余分な水分が溜まり、だるさや食欲不振、疲れやすいなどの症状が現れます。 白身魚は気を補いながら、身体に溜まった余分な水分を取り除きます。きのこ類は脾の働きを補益して食欲不振を改善します。白うりは体内の余分な水と熱を取り除くので、蒸し暑い時期にはお勧めの食材です。脾にやさしいレシピで身体を整えましょう。

  • 夏至におすすめ 海苔豆腐湯 (生のりと豆腐のとろみスープ)

    2022/06/16

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:380

    夏至は、陽気が最も強くなります。 急に暑くなると、熱中症にもなりやすくなるため、身体を適度に冷やす食材を摂って、陰陽のバランスをとりましょう。 豆腐は熱を取り除き、乾燥症状を改善します。海苔(のり)は身体を冷やし、玉子と干し貝柱は暑さで失われた潤いを補給します。

  • 梅雨におすすめ 杭州風鶏脯 (鶏肉の葱山椒風味炒め)

    2022/06/04

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:507

    梅雨入りのころは、雨が降って気温が下がることがあります。 気温が低く、湿度が高いときは、汗が出にくいため、身体に余分な水分が溜まりがちになります。 また消化に関わる脾は湿気や寒さを嫌うため、食欲不振になることがあります。

  • 小満におすすめ 芙蓉蟹 (蟹の卵とじ)

    2022/05/24

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:352

    小満は、陽気が強くなり、植物が茂り、夏の穀物が収穫に向かって熟していく頃。 だんだん暑くなってくるため、涼性の食材を摂ると良いでしょう。 また、立夏に引き続き心の陰血(陰液と血)を補う食材がお勧めです。 卵は陰液を補い、喉の渇きを改善し、心の血を養うことで精神を安定させることが期待できます。

  • 立夏におすすめ 蛸(タコ)のちまき

    2022/04/28

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:444

    立夏は、本格的な夏の暑さによって消耗しやすい気・血・津液を予め補っておくのに良い時期です。 夏に負担がかかりやすい心を今から養っておきましょう。心の気と陰液・血が充実していると精神も安定します。涼性の食材も併せて適度に摂り、熱を取り除いていきましょう。

  • 穀雨にお勧め 茉莉茶饅頭(ジャスミン茶まんじゅう)

    2022/04/14

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:414

    穀雨の時期は夏に向かって陽気が上昇します。それに伴い、体内の陽気も上がりやすくなります。 肝の陽気が上昇しすぎるとイライラしたり、ため息が出たり、胸がつかえるようになります。 上昇しすぎた熱を取り除きながら気の巡りも整えましょう。

  • 清明におすすめ ジャスミンとみかんのゼリー

    2022/03/31

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:415

    清明は、植物や動物が清らかに生き生きと成長して行く頃。また、一方で環境が変わる時期に重なります。 春は肝の働きが活発になりますが、抑うつを好まない特徴があります。ストレスに敏感なため、気が滞り、不快な症状が現れやすくなります。 肝の気を伸びやかに発散させることで、イライラやため息、緊張感や不安感などを改善しましょう。 ジャスミンやみかんなどの柑橘類は、気の巡りを順調にし、気の滞りを解消します。

  • 春分におすすめ 海老と干し貝柱のそばの実ちらし寿司

    2022/03/10

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:467

    春分は、昼(陽)と夜(陰)の時間が等しくなるころ。陰気は沈み、陽気と交代して、これからは陽気が主役の季節になります。自然に合わせ、春分には陰と陽と両方を補って、臓腑の働きを充実させ、身体を潤して養いましょう。 米や椎茸は気を補益して脾を補い、海老は陽気を補います。貝柱・アスパラガス・松の実・ごまは身体を潤して、陰を養います。そばや陳皮(みかんの皮)は気の巡りを整え、水の代謝も助けます

  • 啓蟄におすすめ イカとホタテ貝の当帰甘草(とうきかんぞう)ソース

    2022/03/01

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:435

    啓蟄は大地が暖かくなり、動物や虫たちが冬眠から目覚め、巣穴から出てくるころ。私たちも伸び伸びと動けるように身体を整えましょう。そのために陽気を生長させ、営養となる血を蓄えている肝を助けます。 春は肝の働きが活発になり血を消耗しやすい時期です。そこで血を養うイカや当帰と、ホタテ貝やアスパラガスで潤いを補給し、きのこや甘草で気を補います。 葱や生姜、香菜などを加え、適度に陽気を発散させましょう。

  • 雨水におすすめ 牛肉の熟地黄(じゅくじおう)炒め

    2022/02/17

    本草薬膳学院

    Healthcare

    Views:353

    雨水は、雪が雨やみぞれに変わりはじめ、積もっていた雪が溶け、春の足音が聞こえてくる頃。 早春の寒さに負けないように陽気の生長を促しつつ、春になると活発になる肝の働きを助けるため、血を補いながら身体を潤しましょう。 牛肉は気を補益して脾を補うだけでなく、血も養って身体を営養します。熟地黄は血を補い、身体に潤いを与えます。ピーマンは身体を温め、陽気の上昇を促します。

You can create an online course in 1 minute

  • Upload PDF or
    Video file

  • Register course detail
    Create quiz or questionnaire

  • Choose open course or
    invitation course

Create Course

Let's create your own course by membership registration

スライド、動画、テスト、アンケート
  • Course preparation Publication / Lecture attendance
  • Create quiz and questionnaire
  • Limitation of disclosure scope Understand the attendance situation

Create e-learning course in 1 minute

Begin free

Close